スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理系バカと文系バカ / 竹内薫

理系バカと文系バカ (PHP新書)理系バカと文系バカ (PHP新書)
(2009/03/14)
竹内 薫

商品詳細を見る

Amazonカスタマーレビュー


サイエンスライター竹内薫の著書。

1章は所謂つかみの部分で
文系バカと理系バカの性質を列挙している。

文系バカは、
・血液型診断や占いが気になって仕方ない、
・取扱説明書は困ったときにしか読まない、
・たいていのことは「話せばわかる」と信じている、
・カタカナ表示にすぐ飛びつく、などなど。

理系バカは、
・できれば他人と深く関わらないで生きてゆきたい、
・相手が関心のないことを延々と話す、
・「もっとわかりやすく説明して」とよく言われる、
・感動するポイントが人とズレている、などなど。

この章は、そうそう!あるある!と共感しながら楽しく読める。

2、3、4章は、文理分離や日本人の理系離れの問題点、
文系センス、理系センスの必要性を論じた評論になっていて、
5章で文系バカや理系バカに陥らないためのヒントを提案している。

これらの章はやや硬く、退屈に感じる人もいるかもしれない。

本書では文系や理系という垣根を取り払った文理融合センスを身につける、
ということを謳い文句にしているけれど、全体としては文系向けに書かれている印象がある。

そのためか、理系バカである自分にとっては物足りない感があり、
文系センスにも既に関心があったので、目新しさがあまり感じられなかった。

ただし、文理融合センスが誰にとっても必要だという考えには心から賛同するし、
文系の人や文系センスに欠けていると感じている人にとっては良書だと思う。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

LINK
CATEGORY
LATEST ARTICLE
TAG

ジョン・スタインベック 爆笑問題 ナフィーシー 太田光 小説 アーザル 太田光推薦本 S&M 工学 江戸川乱歩 ルーシー・モード・モンゴメリ 理系小説 オルハン・パムク 西尾維新 三島由紀夫 戯言シリーズ ジェフリー・ディーヴァー 森博嗣 数学 柳田國男 谷崎潤一郎 

BANNER
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 人気ブログランキングへ ブログランキング TREview ブログランキング
AMAZON
SEARCH FORM
無料アクセス解析
QR CODE
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。